施設概要

障がいのある人が地域で安心して暮らすために

摂津市立ひびきはばたき園は、障がいのある方が地域の中でいきいきと活動し、生活することを目的とした、多機能型の通所施設です。

家から外に出て、充実した日中の生活を送りたい方。
支援を受けながら安定して日々の生産活動などに取り組みたい方。
一般就労を目指したい方。
社会人としての基本的な生活能力を身につけたい方。

こうした様々なニーズにお応えできるよう、
ご利用者一人ひとりの状況を踏まえながら支援することを基本としています。

その方の自主性・主体性を尊重し、集団生活や作業活動を提供すること、また地域での豊かな生活の広がりをめざし、地域に開かれた施設として地域交流や相互理解を進める取り組みを行っています。

ひびきはばたき園のイチオシ!(PDF)

ひびき はばたき えん についてわかりやすく せつめいしたページは こちらです

施設情報

施設名摂津市立ひびきはばたき園
事業種別生活介護、就労移行支援、就労継続支援B型、自立訓練(生活訓練)
場所〒566-0062 大阪府摂津市鳥飼上5-2-8 ふれあいの里
電話072-653-1212(代表)8:45〜17:15受付、土日祝・年末年始を除く
FAX072-655-2588
運営法人社会福祉法人摂津宥和会

基本理念

ひびきはばたき園に従事する職員は、以下の基本姿勢を堅持します。

  • 利用者は「一人の人として」尊ばれ、社会の一員として重んじられる。
  • 利用者は、園の主役である。元気で、楽しく、ゆとりを持って、安全に充実した園生活が保障される。
  • 利用者は、一般の人と同じ経験や生活を営めるように、公平なサービスを受けられる。
  • 利用者は障害の程度や状態に応じた支援を受け、また、自己選択や自己決定できる場面や状況が保障される。
  • 園は、利用者の人格や行動を情緒豊かに受け止め、利用者と職員が共感し共に向上することを目指す。
  • 利用者の個人情報等について、秘密保持に努める。
  • 苦情があった場合に、謙虚に利用者からの苦情を受けて、苦情解決マニュアルに沿って解決に努める。

摂津宥和会とひびきはばたき園の理念と方針(PDF)

苦情などのご相談

担当者窓口

主幹 東郷 清美  サービス管理責任者 河村 昌伯
解決責任者:管理者 竹中 久美子

施設外窓口

当施設以外に、摂津市の相談・苦情窓口も受け付けています。

第三者委員

前野 隆
電話番号:072-623-3128
内藤一男
電話番号:072-654-5346

摂津市保健福祉部 障害福祉課

電話番号:06-6383-1374

運営適正化委員会(大阪府社会福祉協議会)

電話番号:06-6191-3130

ご利用にあたって

当施設の利用を希望・検討される方は、利用案内をご参考下さい。

利用案内ページへ